×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME>離婚 弁護士

離婚 弁護士

頼りになる弁護士を選ぶポイント

離婚には協議離婚、調停離婚、裁判離婚と段階があります。離婚調停の段階までは、コチラを読めば弁護士は必要なくなります。
離婚カウンセラーの第一人者による離婚調停成功マニュアル

しかし、裁判離婚まで進んだり、それまでに弁護士をどうしても付ける必要があるなら、下記の弁護士を選ぶポイントを参考にして下さい。

①依頼人の話をしっかり聞いて事情だけでなく心情まで汲み取ってくれる
②法律の意味や内容、解決策をわかりやすい言葉で丁寧に説明してくれる
③杓子定規で法的な見解&結論しか出てこない弁護士は選ばない
④依頼人にとって不利な点がある場合、それについても指摘してくれる
⑤会話のやりとりがスムーズにいきフィーリングが合う

また、「離婚はあまりやらないから」などというやる気のない言葉が出る弁護士は 相談のみに留めるのがよいでしょう。今は離婚が専門という弁護士も増えています。 理想を言えば、離婚を専門に扱う弁護士がイイでしょう。

仮に離婚訴訟までいくとすれば、長いお付き合いになることも予想されます。 何人かの弁護士に30分の相談をして、最も相性がよくて信頼できる弁護士を選ぶ事が 結果まで影響する事は多々あります。

離婚問題なら、弁護士よりも頼りになります! その実績ある離婚解決法とは・・・
Copyright (C) 離婚と弁護士 All Rights Reserved.